1. ホーム
  2. ちんこ
  3. ≫飲酒や喫煙はペニスの大きさに影響する?

飲酒や喫煙はペニスの大きさに影響する?

過度な飲酒や喫煙は体にとって悪影響とわかっていても、仕事終わりのビールや昼飯後のタバコなどはとても美味くて、なかなかやめることはできません。

ちんこも体の一部であり、過度な飲酒や喫煙が、ちんこが勃起しない等の悪い影響を与えると言われています。

ちんこだけではなく、癌や生活習慣病、内臓疾患の危険も高める飲酒や喫煙はできる限りやめるようにしましょう。

過度な飲酒や喫煙がちんこに与える影響や理由、どうしてもやめれないという人に過度にならない、量や本数を説明します。

過度な飲酒でちんこが勃起しなくなる?

経験があるという人もいると思うのですが、お酒を飲むと、ムラムラはするけど、ちんこがいつもより小さく(完全勃起しない)なっている時があります。

管理人も酔っ払って風俗行ったのに、ちんこが勃起せず、お金を無駄にしてしまった経験があります。

酒を飲むとちんこが小さくなったり、勃起しないのは、お酒によって体中の血流が速くなり、血液が体の方に取られてしまい、ちんこまで血流が届きにくくなるからです。

ちんこの大きさは、ちんこに流れる血量で決まり、大きく勃起している時はちんこの血量が増えています。

勃起すると、血管が脈打ちして、血液が勢い良く流れているのを感じることができるかもしれません。

お酒で血液が奪われると、ちんこを大きくしたりするために、血液の取られることにより、ちんこが小さくなったり、勃起しにくくなるようです。

厚生労働省によると20g/日が適量のアルコールなっています。

ビールはロング缶(500ml)、焼酎・日本酒1合(180ml)、ワイン(120ml)が適量となり、ちょっと物足りなく感じるかもしれません。

タバコはちんこを小さくする?

タバコに含まれているニコチンが、ペニスサイズを小さくしてしまう原因と言われています。

タバコに含まれているニコチンは血管を収縮させてしまうからのようです。

ちんこは複数の血管があるので、血管が収縮すると血行が悪くなることにより、ちんこの成長を妨げてしまいます。

本気でペニスサイズを大きくしたい人は、お酒よりもたばこをやめる方が最善だと思います。

ニコチンは小さくするだけではなく、ED(勃起不全)の原因ともなりますの注意が必要です。

どうしてもやめられない人は、10本程度/日が目処にしておきましょう。

これ以上は肺がんや動脈硬化の危険性も高まると言われています。

愛煙家にとって1日10本は足りないかもしれませんが、現在は会社や街中でも吸えるスペースが少なくなっているため、10本/日で抑えれるかもしれませn。

タバコの本数は絶対少なくした方がいいですし、ED(勃起巫山)にも好影響となります。

酒・たばこがペニスに与える影響のまとめ

飲酒・喫煙がちんこに悪影響の理由
  • ちんこへ血流が悪くなる
  • ちんこに流れる血量が少なくなる
  • 男性ホルモンが不足する

過度な飲酒や喫煙は、ちんこを大きくする、血流がちんこに届きにくくなったり、男性ホルモンが少なくなります。

結果としてちんこが小さかったり、勃起が続かなかったり、最悪ED(勃起不全)になってしまいます。

そうなると治療したり、一時的に勃起させるためにバイアグラなどを使わないと、勃起しなくなります。